Boxi 誰にでも気軽に持ち運べる小型軽量・高画質モバイルプロジェクター

  • ONLINE STORE

BOXiの映像技術

LENS

クラス最高の短焦点

焦点距離わずか1mで50インチの画面を投射する
クラス最高の短焦点BOXiレンズ。
いつでも、どこでも大画面の映像をお楽しみ下さい。

f =9.05mm Throw Ratio =0.95

“もっと気軽にどこででも” BOXiの製品コンセプトの一つです。

4~8人程度の少人数ミーティングで気軽に使用したり、パーソナルビジネスツールとして
出張先やお客様先でお使いいただいたり、自宅のパーソナルスペースで映画やゲームなどを楽しんでいただくなど。
そして、そのように限られた空間でも高画質で大画面をご覧いただくために、
BOXi には、LEDプロジェクターとしては世界で初めてスローレシオ<1.0の短焦点レンズを搭載しています。*3

  • *1 fとはレンズの中心から撮像素子を結ぶ地点までの距離(焦点距離)です。
  • *2 スローレシオとは、レンズ投写距離を投写するスクリーンの横幅で割った値です。
  • *3 2013年5月現在 当社調べ。

クラス最高の明るさを実現する大口径レンズ

F=2.0

クラス最高の明るさを実現する大口径レンズ。
非球面レンズの使用により、レンズユニットの小型化と高性能を両立。

“小さくても明るく、美しく” これも、BOXiの製品コンセプトの1つです。

LEDランプを光源として発せられる光をできる限り損なわず、明るく美しく投映する為に、
BOXiにはF=2.0 の大口径レンズを搭載しました。
また、レンズ口径が大きくとも、レンズユニット全体が大きくならないよう、
非球面レンズを3枚採用。
これにより、小型化と高性能化の両立を実現しました。

ENGINE

独自設計の光学エンジン

“もっと気軽にどこででも” BOXiをお使いいただくために

プロジェクター光学エンジンの性能は、
1.鮮明な色再現を可能にするための光源発色制御技術
2.光源のパワー損なうことなく投射するための光効率・輝度制御技術
3.鮮明に映像を投映するためのレンズ技術
これら3つの要素によって左右されます。

PRISM x PRISM

光源発色制御技術、光効率・輝度制御技術をつかさどる
重要な光学部品が二つのPrism。
BOXiは専用のレンズ一体型 R-TIRプリズムにより、
光源から発せられる光利用率を極大化し高輝度を実現。
また、専用設計のLED光源対応合成プリズム(RGB独立型)が、
高効率な色合成を可能となるとともに高輝度化を実現しています。